調査活動班
班活動概要や問合せはこちら
loupe
☆発足のきっかけ
なごや東山の森には多様な資源が沢山あります。それは地質分野、地形的、生物分野の多様性のみならず、他には東山古窯群、歴史的お林山、旧陸軍演習場跡地などがあげられます。
これらはすべて市民が受け継いでいくかけがいのない宝物です。
この「宝物」を東山の森づくりの会が調査し、発掘していくことが大切な活動です。

☆目的など
「なごや東山の森づくり基本構想」の実現に向け、東山の森の多様な資源の調査を行い、記録を残し、調査結果を森づくりに反映させていきます。

☆その他
 ・班員は各プロジェクトごとに組織します。見学者、専門知識のない人も歓迎です。
 ・必要に応じて専門家等の指導を受け、協働調査を行います。
 ・調査結果については資源保護のため公開をしない場合もあります。

☆ 最近の活動紹介
平成28年7月23日(土)
参加者17名 (会員6 大人3 小人8)
なごや環境大学講座「飛んで火に入る夏の虫とは?灯火採集とは何か?」の第一回講座を開催しました。
この講座は調査活動班がなごや生き物調査の会の支援をする活動です。まず、スライドで灯火採集について説明があり、オオクロコガネ、コクロコガネ、クロコガネと早口言葉のようなコガネが灯火で採集されること。次に標本の大切さと標本づくりの手順と器具にさわりながら学びました。
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成28年2月2日(火)
参加者4名 東山の森の地質・地層の展示計画に伴う、土壌採取を行いました。
東山の森は猪高層・唐山層・八事層からなります。本日はアクアタワー南斜面でくさり礫を含む唐山層、次いで猫洞通1の南西崖地の八事層、最後に東星ふれい広場北斜面の猪高層の土壌を採取し、その後、ふるいに掛け木の根やゴミを外し、乾燥させることにしました.
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
☆ 2015年までの活動紹介
平成27年11月14日(土)
参加者12名「東山の森の生物調査」報告会 第4回講座でした。甲虫類は平和公園は75種過去との重複率73.3%東山南部38種重複率86.8%、ガ類平和公園17科148種 東山南部18科93種でした。今年初めて採れたガは平和公園は26種、東山南部は19種でした.今後も継続して調査を進めたい.
写真は標本箱ガ類(1) 報告会の様子 貴重種コシロシタバ ハンミョウ2種
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成26年11月15日(土)
参加者10名「東山の森の生物調査」報告会 第4回講座でした。甲虫類は平和公園は48種過去との重複率77.1%東山南部38種重複率65.8%、ガ類平和公園12科73種 東山南部11科57種でした。名古屋初見は無し。この9年間で東山丘陵の灯火採集での生息状況には大きな変化は見られないが、今後も継続して調査を進めたい.
写真は報告会の様子と近年飛来する甲虫オオフタモンウバタマコメツキとムクゲコノハ(ヤガ科)平和公園7/26 食草ナラ科
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成26年11月4日(火)
平成26年10月6日(月)8名で今年の灯火採集の蛾類の展翅下しをして、さらに過去の標本整理をしながら同定会をしまた。スジキリヨトウが沢山採集されましたスジキリヨトウはイネ、シバなどのイネ科が食草です。展翅ができた蛾143個体のうち、重複も含むが49個体が同定ができなかった。それらを写真に撮り、4人がCDに焼き、持ち帰えりました。11月4日現在総て同定が終わりました。
11月15日(土)1時30分から報告会をします。
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成26年7月19日(土)、7月26日(土)、27日(日)
◎平成26年7月19日(土) 13名(内子3名)午後13時半〜15時まで 「東山の森の生物調査」第1回講座「飛んで火に入る夏の虫とは?灯火採集調査とは?灯火採集とは何か?」 灯火に集まる虫たちを知ろう。
◎平成26年7月26日(土) 参加者54名(内子20名)で午18時〜23時まで(一般参加者は19?21時まで)「東山の森の生物調査」第2回講座「8月、東山の森で灯火採集に集まる、虫を採集する:平和公園南部と東山南部の2ヶ所で灯火採集を実施しました.カラスウリの花も観察ができました。
◎平成26年7月27日(日) 参加者21名(内子9名)午前9時〜17時まで(一般参加者は10?12時まで)「東山の森の生物調査」第3回講座「虫たちの展翅をする」午前は、甲虫の展足と蛾の展翅の講座を実施しました。午後は灯火採集スタッフで標本作製のための展翅、展足を実施しました
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成26年3月4日(火)
ハンノキ池は満水状態で除水枡から水は溢れ出ていました.参加者4名で湖盆図づくりの水深を測りました。2mのマス目毎にしたため測定は250ポイント余りとなりました。ハンノキ池は造成されて約10年経ち、ドロで埋まり60cmはないと予想しました。しかし、予想は外れました。今回、60cmの水深は三十ヶ数所もありました.今、ポイント落としと湖盆図作成中です。
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大
平成25年7月27日(土)、8月3日(土)4日(日)
平成25年7月27日(土) 10名(内子1名)午後13時半〜15時まで
「東山の森の生物調査」第1回講座「飛んで火に入る夏の虫とは?灯火採集調査とは?灯火採集とは何か?」 灯火に集まる虫たちを知ろう。
◎平成25年8月3日(土) 参加者55名(内子22名)で午18時〜23時まで(一般参加者は19?21時まで)
「東山の森の生物調査」第2回講座「8月、東山の森で灯火採集に集まる、虫を採集する:平和公園南部と東山南部の2ヶ所で灯火採集を実施しました.セミの羽化やカブトムシやカラスウリの花も観察ができました。
◎平成25年8月4日(日) 参加者41名(内子15名)午前9時〜17時まで(一般参加者は10?12時まで)
「東山の森の生物調査」第3回講座「虫たちの展翅をする」午前は、甲虫の展足と蛾の展翅の講座を実施しました。午後は灯火採集スタッフで標本作製のための展翅、展足を実施しました。
クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大 クリックで画像拡大