2017年度第1回 2017年5月13日(土) 10:00〜12:00 水鉄砲とミニ竹トンボづくり 
(雨天のため活動内容変更)

 参加者 91 (隊員33 家族32(内幼児6)スタッフ26)

 「子ども東山の森づくり隊」は12年目に入りました。今年度はセキスイハイム中部さんからの支援をいただき、スタッフ、装備とも充実したスタートとなりました。

 しかしながら週間天気予報はあいにくの雨模様。なんとか外れて、と願って過ごした直前の1週間でしたが、その祈りも空しく、前日までの好天とは打って変わって未明からの本降り。「竹伐りとハイキング・水鉄砲づくり」の内容を「水鉄砲づくりとミニ竹トンボづくり」と大幅に変更して、午前中のみの活動となりました。
 雨の日の活動は過去の例では参加隊員の数が大幅に減り、子どもの数をスタッフの数のが上回るようなこともありましたが、今回、当日欠席連絡は3名のみで、予想を上回る参加でした。
 降りしきる雨の中、傘をさしてやってくる隊員とその家族が9時半を過ぎる頃から増え始め、開始前には里山の家は子どもたちの声で大賑わいになりました。

 開始の10時に全体で説明を聞いたあと、「竹のふしぎ」の紙芝居を見て、東山の森の竹の説明を簡単に聞いてから2班に分かれてクラフトづくりがスタートしました。
 ひとつの班は作業棟に移動して水鉄砲づくりです。狭い倉庫の中でしたがビニルシートの上で材料を受け取り、スタッフの説明を聞きながら太い方の竹筒にちょうど合う太さになるよう細い方の竹に隙間テープと布を巻き付けたら作業棟を出て試し打ち。ほとんどの隊員がうまく的に向けて水を当てることができました。
 もう一方の班は里山の家に残りミニ竹トンボづくりに取りかかりました。羽の役割を果たす厚紙を型紙に合わせて切り、配られたミニ竹トンボに貼り付け思い思いの色をつけたら完成です。実質1時間ほどの活動時間の中でふたつの作品づくりに挑戦したため、急いで交代しなくてはならず、中には羽の絵が未完成のまま水鉄砲づくりへと移動しなくてはならなくなった隊員もいました。後半は班を入れ替え、子どもたちはそれぞれもう一方のクラフトづくりに取り組みました。

 今回はそれぞれの班ごとに記念写真を撮りました。できあがった水鉄砲を持ち、発射!のポーズでパチリ。竹トンボも色とりどりで個性の現れた作品を手に手にカメラに向けてポーズを取っていました。

 天候に恵まれず、変更された内容の限られた時間の中での活動でしたが、ものづくりの名人集団、なごや東山の森づくりの会のクラフト班に支えられ、子どもたちは熱心に取り組んでいました。
 今回セキスイハイム中部さんから頂いた支援で用意することができた子ども用の新しいヘルメットを使う楽しみは、第3回の「木こり体験」以降へ持ち越しとなりました。

20170513-a.jpg 20170513-b.jpg
20170513-1.jpg 20170513-2.jpg 20170513-3.jpg
20170513-4.jpg 20170513-5.jpg 20170513-6.jpg
20170513-7.jpg 20170513-8.jpg 20170513-9.jpg
20170513-10.jpg
2017年8月19日(土)
参加者9人
里山の家で9時半から9月30日の活動についての話し合いが行われました。
夜の森の何を参加者に見てほしいかを決め、
どのようなルートで歩くのかを4班に分かれたコースの歩き方を決めました。
ドングリ畑の間伐については3月の活動で取り組むことが決まりました。
そして、子ども森づくり活動を理解していただけるよう、当日までの活動についても報告することに決めました。

11時には、実際に歩くコースをの下見をし、草刈りなど東山総合公園に協力していただく所や危険なところがないか確認しました。
20170819-a.jpg 20170819-b.jpg 20170819-c.jpg
2017年度第2回 2017年9月30日(土) 18:00〜20:00 「ナイトハイキング」 

参加者 82人 (隊員27 大人22 幼児2 スタッフ26 他5)

 穏やかに晴れ渡った秋の夜の活動になりました。月齢9.9、19時42分正中の月は、ハイキングを開始する頃には頭上に姿をあらわし、隊員たちにやわらかな光を投げかけていました。
 今回は基本的には4班に分かれての活動ですが、ハイキングのスタート時は2つの班が合同で講師の先生の話を聞きながら歩き、残りの2班はそれぞれの班ごとのコースを進みました。講師の先生からは、盛んに聞こえてくるコオロギなどの鳴く虫の話、月の話、マメ科の植物が葉を閉じて眠る様子などが紹介されました。隊員たちは先生の話に熱心に耳を傾け、植物をライトで照らしながら葉の様子を観察していました。
 班ごとのハイキングでは田んぼと湿地を訪れました。田んぼでは稲の穂がたわわに実り、刈り取りを待つばかりになってこうべを垂れていました。その様子をライトをつけて観察し、稲の生長について説明を聞きました。湿地ではシラタマホシクサが可憐な白い花をつけていました。シラタマホシクサは東海地方に固有の植物です。名古屋市では里山の減少や湿地の乾燥化で激減していますが、くらしの森では湿地周辺の手入れをして、小規模ながら毎年花を咲かせています。
 ハイキングの途中、芝生広場に全員が集合して、女性二人によるフルート演奏を聴きました。曲目は「エーデルワイス」「虫の声」など全6曲です。子どもたちにもなじみのある選曲でした。最後の曲「ふるさと」の演奏前に「歌を知っている人は一緒に歌ってください」と演奏者からの声かけがあり、隊員たちだけでなく付き添いの家族やスタッフもフルートのメロディにのって歌いました。フルートの演奏を生で聴くのは初めてという隊員がほとんどで、それまで周りを圧倒していたはずのアオマツムシの大合唱の声が不思議と耳に入って来なくなり、しばしフルートの音色に心を奪われたようでした。
 演奏を聴いたあとは、芝生広場から再びハイキングの後半に出発して、それぞれの班が前半とは違うコースをたどり、里山の家まで帰りました。里山の家では、あらかじめ捕獲された鳴く虫が展示してあり、生きた実物の様子を観察しました。
 普段昼間に遊び慣れた森の姿とは全く違った夜の森で、視覚の効かない状況下では聴覚などほかの感覚が研ぎ澄まされるということを実感したナイトハイキングでした。
bDSC_4456.jpg aIMG_9167.jpg bDSC_4504.jpg bDSC_4535.jpg
bDSC_4540.jpg aIMG_9271.jpg bDSC_4575.jpg aIMG_9221.jpg
aIMG_9219.jpg aIMG_9206.jpg bDSC_4617.jpg bDSC_4692.jpg
2017年10月10日(火)
参加者5人
里山の家で14時ごろから9月30日のナイトハイクの活動紹介のパネル制作を行いました。
とても感動的だったフルート演奏の写真を中心に活動のスナップ写真を配置。
3回目の活動の時期まで里山の家に展示します。
P1010341.jpg P1010344.jpg
2017年度活動予定
第1回 2017年5月13日(土) 10時〜12時
「水鉄砲とミニ竹トンボづくり」
第2回2017年9月30日(土) 18時〜20時
「ナイトハイキング」くらしの森の夜を楽しもう

第3回2018年3月3日(土)  10時〜13時30分
「雑木林で木こり体験」くらしの森で雑木林の手入れをしよう
◆セキスイハイム中部グループは、この事業を支援しています。◆