☆ 最近の活動紹介
2017年4月20日(木)  10:00〜12:00
モウソウチク手入れ、 掲示板張替え
参加人数 11名
今日も朝から良い天気で気持ち良く、ラジオ体操で体をほぐし、前回に続きもう一か所のモウソウチク林の手入れです。
ここも中ほどがガランと抜けている状態ですが、等間隔の美しい竹林にするべく、まず枯れている竹や込み入っている竹を伐り出しました。
また周りに広がている竹を整理し、ごみを拾い、立ち入り禁止の札を追加しました。
20170420-1.jpg 20170420-2.jpg 20170420-3.jpg
2017年4月13日(木)  10:00〜12:00
モウソウチク手入れ、掲示板張替え
参加人数 13名

 ここ、モウソウチク林は一年ぶりの作業ですが、昨年と変わりなく竹林が育っていません。
真ん中の平地のところが依然がらんとして竹が生えていません。タケノコの盗掘のせいでしょうか。
竹林を育てるために周りをロープで囲い、立入り禁止の札を今年も新しく追加しました。
 作業はロープの中の倒れたり枯れかかっている竹のみの伐採と、ロープの外の竹や繁茂している木々を伐って光を入れ、
伐った竹や木々を仕切りに納めました。
 良いお天気で風も気持ちよく、時折、桜吹雪が舞い散る中、作業は順調に進みました。
20170413-1.jpg 20170413-2.jpg 20170413-3.jpg 20170413-4.jpg
2017年3月16日(木)  10:00〜12:30
スズコナリヒラの手入れ(大坂池東)
参加人数 11名

今回も引き続きスズコナリヒラの手入れです。
込み合っている竹を切り出し、竹林の中も見通しが良くなって、光も差し込み明るくなりました。
また、少し離れて固まっていた竹をすべて切り倒し、明るい空間もできました。
前回手作業でやった竹林の周りの刈込を、今回は刈り払い機2台を使って
広い範囲の枯れすすきや葦を刈りました。
よく晴れて、冷たい風が気持ち良い作業日でした。
m_IMG_4161.jpg m_IMG_4162.jpg m_IMG_4166.jpg m_IMG_4174.jpg
2017年3月9日(木)  10:00〜12:30
スズコナリヒラの手入れ(大坂池東)
参加人数 14名

朝から晴れ上がって気持ちの良い日で、皆張り切って14名の参加がありました。
スズコナリヒラの竹林の周りがだいぶ荒れているので、竹林の外に生えている竹や、下草、枯れた葦、葛などの伐採を3か所に分かれて作業しました。
2時間程の作業で、見通しもよくなり、隠れていた椿の花も見え てきました。
次回も同じスズコナリヒラの手入れです。
m_IMG_4127.jpg m_IMG_4129.jpg m_IMG_4132.jpg m_IMG_4134.jpg
2017年2月16日(木)10:00〜12:30
スホウチク手入れ(オタマジャクシ池北)
参加人数 14名

朝からよく晴れて気持ちのいい作業日です。14名の参加で賑やかに楽しく作業開始。
スホウチクの手入れは3回目で、今回が最後です。

まずは2つのスホウチクを仕上げて、以前伐った枯れた竹を奥に移し、下草や蔦を刈って、
中道から見える景色を仕上げようと作業に取り組みました。
後半は奥にある、枯草や竹の陰になって見えなくなっているホウオウチクを助けるべく、下草・竹刈りをして
美しいホウオウチクと黄色いつぼみのミモザの木もしっかり見えてきました。
ここはスホウチク、シホウチク、ホウオウチク、ホウライチクなど、一か所で様々な竹が見られる貴重な場所です。

オタマジャクシ池にカエルの卵が見られ、つくしが顔を出し、モズがやって来てすぐ近くの木に止まりました。
もうすぐ春ですね。
来月は大坂池東のスズコナリヒラの手入れです。
2017take/m_IMG_4014.jpg 2017take/m_IMG_4016.jpg 2017take/m_IMG_4030.jpg 2017take/m_IMG_4021.jpg
2017take/m_IMG_4037.jpg 2017take/m_IMG_4042.jpg 2017take/m_IMG_4045.jpg 2017take/m_IMG_3985.jpg
2017年2月9日(木)  10:00〜11:30
スホウチク手入れ(オタマジャクシ池北)
参加人数 7名

「午前中は雪になるかも」の天気予報の中、それでも7名が集合しました。
作業するかどうか迷いましたが、予定場所が近いこともあり、本降りになる前少しでも作業をしようということに。
ラジオ体操で体をほぐして、みぞれ交じりの小雨の中決行です。
中道からすぐ見えるスホウチクの整理とその周辺を中心に一時間ほど作業が出来ました。
道からの眺めが多少すっきりしたと思います。
また、黒くおおわれた木の蔦をきれいに取り除くと、柚子の木が現れて皆で大喜びしたり、
短い時間でしたが楽しく竹作業が出来て、集まった甲斐がありました。
その後、のこぎりの替え刃を4本新調しました。
来週も同じくス ホウチクの手入れです。
2017take/m_IMG_3973.jpg 2017take/m_IMG_3977.jpg 2017take/m_IMG_3981.jpg 2017take/m_IMG_3984.jpg
2017年1月19日(木) 10:00〜12:30
ハンノキ湿地東側のマダケ手入れ
参加人数 11名

今回は、昨年12月に手入れした、ハンノキ湿地東側斜面のマダケ刈りの続きです。
雑木林が竹の進出で倒れたり枯れかかっている中、急斜面を足元に気を付けながらの作業。
それでもみんなでそれぞれに広がってマダケを伐り倒していくうちに、空間が広がり、光も射して、
一部、ハンノキ湿地の水面が見通せる、明るい雑木林になりました。
まだまだ手入れが必要ですが、ひとまず置いて、来月はまたおたまじゃくし池北のスホウチクの手入れです。
2017take/m_IMG_3950.jpg 2017take/m_IMG_3955.jpg 2017take/m_IMG_3956.jpg
2017take/m_IMG_3964.jpg 2017take/m_IMG_3968.jpg
2017年1月12日(木)  10:00〜12:30
スホウチク手入れ(オタマジャクシ池北)
参加人数 8名

一年ぶりの、オタマジャクシ池北のスホウチク手入れです。
朝の寒さのせいか、参加者は8名でしたが、いつものラジオ体操で体をほぐして作業にとりかかりました。
一年間のうちに伸び放題になっているスホウチクの塊の整理をし、下草や枯れ木を刈り、木々に覆いかぶさっている蔦を取り除き、奥のシホウチクの手入れをし・・・、少ない人数でしたがそれぞれに集中して、思いの外作業ははかどりました。
それでも広い場所で、まだまだ手入れが必要です。
次回はハンノキ湿地のマダケの整理をして、また戻ってきます。
IMG_3911.JPG IMG_3924.JPG IMG_3909.JPG