田んぼ班
班活動一覧表
mark

☆ 発足の経緯

「なごや東山の森づくりの基本構想(2003)」に基づき、平和公園南部が「くらしの森」として整備され、水田が作られました。
2010年に名古屋で開かれた「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の年から、稲作が始まりました。

☆ 水田

  • 面積は上段108u、中段99u、下段148u 計355uです。
  • 水は奥池の井戸から汲み出したせせらぎから取り込んでいます。

☆ 班員の構成と活動日

  • 班員  大人30名 子ども21名 2016年6月26日現在

  • 活動日
  • 定例活動 毎月第2日曜日13時30分〜15時30分、第4日曜日9時30分〜11時30分
  • 臨時活動 年間10回程度
  • 米作り講座 年6回:定例または臨時活動日に東山総合公園が募集した参加者と共同作業

☆ 2016年1月現在の状況

田んぼ班には米作り経験者は少なく、体験者の意見を聞き、勉強しながら、6年間化学肥料や農薬を使わないで、生き物にやさしい米づくりの経験を積んできました。

台風で収穫直前の稲穂が倒れたり、稲に病害がでて収量が激減したり、害虫が大発生したり毎年色々な問題と直面しますが、年末の「餅つき」にはみんな笑顔で搗きたてのお餅をいただく楽しみもあります。

〜定例活動や、臨時活動に積極的に参加して仲間といい汗をかきましょう!
田んぼには多くの生き物が姿をみせて応援してくれます〜

たんぼ