☆ 最近の活動紹介

2017年9月10日(日) 13:30〜15:30 
水草観察会  大人14 子ども10  その他4 講師2 合計30
田んぼ班活動 大人14  子ども10 合計24
13:30から木陰に集合して、講師の生物多様性保全活動協議会ら小菅さんと寺本さんから、ここの田んぼは除草剤などなしで稲の栽培をしているので30〜40年も土の中で眠っていた埋土種子としてが発芽して、貴重な水草類が観察できます、と私たちの田んぼ活動が大変、生物多様性にために意味のあること伝えてくださり、早速、その貴重なトリゲモ3種とフラスコモ1種、そして、水田の雑草のコナギ、アブノメ、ヒメミズワラビ、イボクサを観察しました。
その後、ヌマガエルのことを始めになごやのカエルの話がありました。
これで水草講座は終わり、残りの小い時間で全員で防鳥ネットを整え、草刈りをして、稲刈りの準備に入りました。
DSC_9110[5].jpg DSC_9149[2].jpg DSC_9162[2].jpg DSC_9188[2].jpg
2017年8月29日(火)
田んぼ班臨時活動  大人3人
9時半から、田んぼの周りを草刈り機を使って除草の予定でしたが鳥よけネットに雀が絡まっており、救出することから始まりました。
実ったイネを食べることに夢中なったようです。
安全確認をしながら、交代で稲刈りに使う紐の整理もしました。
刈払機のおかげで効率よく草刈りができました。 ありがとうございます。
キツネノマゴのピンクの花を帰りに見つけました。
20170829.jpg
2017年8月27日(日)
参加者 大人:13名 子ども:10名
今日は水路周りの草刈り、鳥よけネットの調整、 そして子供たちはくずの引きをしました。
稲は随分と実り、秋を待たずに黄金色に輝いていました。 ここ最近は曇りや雨の日が続きましたが、夏休み最後の日曜日は、 草刈りには少し辛いほどの晴天でした。
セミの声と子供たちがカエルやトンボを追いかける元気な声が心地の良いBGMとなって、大人たちは額に汗して作業を行いました。
差し入れに頂いた、シソジュースは爽やかで、 休憩後の活力になりました。ありがとうございました。 次回はいよいよ稲刈りということで、 私達親子(K会員)は初の体験になります。
今から楽しみです。
20170827-1.jpg 20170827-2.jpg 20170827-3.jpg 20170827-4.jpg
20170827-5.jpg 20170827-6.jpg 20170827-7.jpg 20170827-8.jpg
2017年8月11日(金、祝) 8:30〜10:00 
参加者数 大人:6名 子ども:2名
防鳥ネットの張り糸の両端を分かり易くする為、布きれを目印に取り付けました。

昨夏はせせらぎに水が田んぼまで届かず心配していましたが、今年は台風の影響もあり水不足の心配はないようですが、
これからの不安定な天候が心配です。

雨に作業を中断されながら、畦の草取りを行いました。
静かな田んぼにヌマガエルの鳴き声が響いていました。

蒸し暑さと雨のシャワーに見舞われて、汗びっしょりの作業でした。
20170811-1.jpg 20170811-2.jpg 20170811-3.jpg
20170811-4.jpg 20170811-5.jpg
2017年7月30日(日) 
参加者数 大人6人、子ども4人

今日は、稲をスズメから守るための網(ネット)をかけました。
竹の棒に空のペットボトルや、空き缶をさし、ネットを持ち上げました。
竹の棒を田んぼにさすことが意外に難しかったです。
また、ネットを杭に結びつけ、ネットが外れないようにしました。
休憩時間には、美味しい梅ジュースとお菓子を食べました。
田んぼは、とても暑く疲れてしまいますが、カエルを捕まえたりとても楽しかったです(D.Y 14歳)

今日は、少し暑かったので汗が出ました
と中でカエルを捕まえて遊んでいました。
楽しかったです。(Y.Y 12歳)

稲の開花が見られました。
ウシガエルの声が聞こえました。
分結は、15〜18株でした。
下段の田んぼは、やや茎が細いですね。

予想に反して、ネット張りは大変でした。
もしネットがなかったら、お米の収穫はどのくらい減るのでしょうか?
農薬のなかった時代は、雀の分も、人間の分もまかなえていたのでしょうか?
あれこれと疑問がわきました。
作業に夢中になって、田んぼの中にドボンしてしまいました(笑)(M.Y 41歳)
20170730-1.jpg 20170730-2.jpg 20170730-3.jpg
20170730-4.jpg 20170730-5.jpg
2017年7月20日(木)17:00〜18:30 
参加者数2名
    ことしは昨年より1週間ほど早く出穂が始まり、
   17日の活動参加者が多かったので、一部の田んぼに鳥よけネットを早めに張った。
   今日は、竹にペットボトルをかぶせたものを使って、下段のネットの高さの調整をする。
   出穂した穂にネットが当たらず、スズメがネットに捕まって、イネをついばめない高に調節するのが大変だった。
   次回は最初に竹の長さ決め同じ高さでそろえるにしてみたい。
20170720-2.jpg 20170720-1.jpg
2017年7月17日(月・祝)8:30〜11:30 
参加者数14名(大人:9名、こども:5名)

雑草取りと鳥除けネットかけを練習がてら途中まで終えました。

少し早くからの活動開始です。
畔や田んぼは草を刈り、すっきりしました。

稲は分けつもすすみ、元気に開花してきています。
スズメ達に食べられる前に、ネットはりです。
上段と下段の半分づつですが、図面に則してみ んなで要領よく作業ができたと思います。
残り半分もこの調子で。
今年もすずめの被害などなく、すくすくとお米がみのりますように…

チョウやトンボ、カエル等生き物たちもいっぱいで、こども達もお楽しみ満載の季節です。
元気に楽しく作業することができました♪
20170717-1.jpg 20170717-2.jpg 20170717-3.jpg
20170717-4.jpg 20170717-5.jpg 20170717-6.jpg
2017年7月9日(日)13:30〜15:30 
おとな14人 こども5人 19人の参加。
コナギ抜きと鳥避けネットの杭にロープを取り付ける穴あけ。
中段のまん中には、まだまだ コナギが、はえていたので草抜きをしました。
下段は、田んぼの水面を、藻がおおっていたので、さすがのコナギも酸素不足で大きくは、なれまい!

田植えには、参加できなくて、今日初参加の小学生女子二人に、「田植えの時の苗は、10cmくらいの3株だったよ」と、話すと、今日は、50cm.12株くらいに育っている苗を見て、驚いていました。
そう、株は4倍に増えました。そして、コナギを抜く時、株をまたぐとパチパチと、顔に当たるのです。
帽子を被り、手拭い(タオル)で顔を覆って作業しました。

田んぼに入ると、株が、自分の肩くらいになる幼児さんは、泥の中をもろともせず、ぐちゃぐちゃな感触をたのしんで、歩いていました。

Yさんちの幼児兄弟は、田んぼの横に敷いたシートで、もっぱらオタマジャクシの研究。
田んぼへの水路の堤防?を頑丈にするために、Y母さんは、近くに生えている植物を根こそぎ抜き、それを水路横の土に、植える作業は、Y父さんの仕事。
父と母は、力仕事&泥んこ遊びの世界。ご苦労さまでした。

ニイニイゼミの声を聞きながらの作業でした。
IMG_0476.JPG IMG_0477.JPG IMG_0490.JPG IMG_0492.JPG
IMG_0496.jpg IMG_0498.JPG IMG_0510.JPG IMG_0503.JPG
2017年6月18日(日)
第3回市民講座「草取りと生き物調べ」
参加人数53名  会員 大人16名 子ども14名   講座(一般)大人12名 子ども11名
天気 曇り
田植えから3週間。稲の丈も伸び、3本ずつ植えたものが5〜6本くらいに分けつしていました。
今日前半の目的は、稲の成長の害となる虫や草を除くこと。
「イネミズゾウムシ」を見つけたら、つぶして退治します。この虫は、稲の水中茎に卵を産み付け、幼虫が稲の根を食べるので成長を遅らせる心配があり、成虫も稲の葉を筋状に食べます。
子どもたちも熱心にさがします。47匹退治した子もいました。
土の栄養を取ってしまう草「コナギ」が増えているので、 根っこごと抜いて、洗って土に埋め込みます。
休憩後は、田んぼの生き物や水草の観察、畔の草刈りもしました。
見つけた生き物は…
ヒメタイコウチ、ザリガニ、ヒゲナガコメツキ、アメンボ、 サカマキガイ、トンボ(羽化していた) など
見つけた水草は…
オアウキクサ、ウキクサ、イチョウウキゴケ など
帰り、里山の家の倉庫横の洗い場が詰まっていたのを、会員さんが手際よくきれいに掃除してくれました。
Yさんご夫妻、Tさん、本当にありがとうございました!
1.jpg 2.jpg 3.jpg 4.jpg
5.jpg 8.jpg 6.jpg 7.jpg
イネミズゾウムシ .jpg コナギ.gif 10.jpg トンボ .jpg
イネミズゾウムシ コナギ イチョウウキゴケ トンボ
2017年6月11日(日)
参加者 大人 8名 子供 7名
活動内容:雑草取り、畦(あぜ)や作業場の草刈り
田植えから2週間、次回の講座(雑草取り+生き物観察)の準備で田んぼの整理をしました。
稲はまだ成長の途上で、雑草もまだ勢いはない。次回の講座のため、雑草抜きの手をゆるめ、
畦や周辺の草刈りに励みました。
休憩の間に、班長のImさんが、お孫さんと一緒に田んぼ作業にかかる「紙芝居」を読み聞かせてくれました。
すでに入梅。暑いとはいえ爽やかな午後の作業。 隣のアシ(ヨシ)の茂みで、オオヨシキリが賑やかに鳴いていました。
ネットでググって、「行々子口から先に生まれたか」 小林一茶の俳句と、ギョギョシという夏の季語を知りました。
(ギョウギョウシ)=ヨシキリ
0611-1.jpg 0611-2.jpg 0611-3.jpg 0611-4.jpg
0611-5.jpg 0611-6.jpg 0611-7.jpg 0611-8.jpg
2017年6月4日(日)
 参加者3人  13時30分から14時30分

 二日ほど前は真夏日になる天気でしたが、今日はさわやかな天気です
 定例会の午後の活動をお休みして、田んぼに向かいました。
 苗はほぼしっかりと立っていましたが、25センチの株間が抜けているところを丁寧に見つけて捕植をしました。
 始めて挑戦して作った苗を無駄なく使うようこころがけました。
 上段ではヌマガエルの小さな小さなおたまじゃくしがでていました。
 中段にハイイロゲンゴロウもおよいでいました。要注意のイネミズゾウムシも。
 水の入った田んぼには、生き物がいっぱいわいてきました。

2017年5月28日(日)
参加者 大人: 44名 子ども:27名 計71名

 好天の下、田植えの当日を迎えました。
 午前中は講座の方々で中・下段、午後は田んぼ班で上段を仕上げ、時間と田んぼを分けあって実施しました。
 もともと親子連れを中心に公募している講座と同様、親子連れが増えた田んぼ班でも十分に楽しい田んぼ作業にかかわれるようにとの配慮で、今年、初めて導入された方式です。
 またイネの間隔は昨年よりも少し詰めて株間隔25p、ウネ間隔30cmとなっております。
 かなり大きくなったヌマガエル、田んぼの天敵でもあるアメリカザリガニ、追いつめると羽を出して飛ぶアメンボウなどおなじみの田んぼの生き物に加え、この時期、10日間ほど発生してすぐに交尾して成体はいなくなってしまうというカイエビにも出会うことができ、初夏の一日を満喫できました。
 これからは水の管理を怠りなく、無事にイネが成長してく、立派に実ってくれるよう期待したいと思います。

午前:里山体験講座の活動
20170528-a.jpg
20170528-b.jpg 20170528-d.jpg 20170528-e.jpg 20170528-f.jpg
20170528-c.jpg 20170528-g.jpg 20170528-h.jpg 20170528-i.jpg

午後:田んぼ班の活動
20170528-0.jpg
20170528-1.jpg 20170528-2.jpg 20170528-3.jpg 20170528-4.jpg
20170528-5.jpg 20170528-6.jpg 20170528-7.jpg 20170528-8.jpg
2017年5月21日(日)
参加者 大人:16名 子ども:14名 計30名

真夏日となる晴天の中、代掻き調整と畔の草刈りを行いました。
来週の田植えに向けて水深の浅いところから深いところへ土を移動させて水平にしたり、畔の草を刈り虫が寄り付かないようにしました。
近くの池にはカモがおり、田んぼにはカエルやカナヘビ、ザリガニも出没し、すっかり夏らしくなってきています。

4月以来、新しいメンバーが次々と新規参加しており、幼年者からベテランまでの幅広い年代での活動となっています。
子供達はカエルの追っかけに夢中になっておりこれから他にいろいろなものに出会ってもらえそうです。

来週はいよいよ田植えです。
土の硬さは水の量に関係しているようですが、今のところどの段の田んぼも柔らかくなっており田植えをするには心配なさそうです。
20170521-.jpg 20170521-1.jpg 20170521-2.jpg 20170521-3.jpg
20170521-4.jpg 20170521-5.jpg 20170521-6.jpg 20170521-7.jpg
20170521-8jpg.jpg
2017年5月14日(日)
本日の「代掻き」作業
第一回目の講座ということもありたくさんの方に参加していただけました。
〇参加者数
 大人:43名 こども:30名 計73名
皆さんで硬い土をふみふみ、凸凹をならして田植えをしやすい田んぼにしていきました! 田植えに向けて着々と準備が進みます!
20170514-1.jpg 20170514-2.jpg 20170514-3.jpg
20170514-4.jpg 20170514-5.jpg 20170514-6.jpg
2017年4月23日(日)
参加者24人 おとな14人 子ども10人
 今年から参加される人の紹介をし、苗床の様子を見に行きました。
ほぼ芽が出そろっていて、一安心です。
 害草のコウキヤガラの説明をして、田起こしの前に根っこから抜いてもらうようにしました。
それぞれ、田んぼに分かれ、田起こしと畦の草取りを行いました。
 休憩時間には、きれいに咲いたレンゲで花冠を作る女の子がいました。
 後半は講座スタッフは打ち合わせをおこない、残りの人たちは前半の続きをしました。
最後に、水を入れて作業を終わりました。
 これからは、ツバメが巣に使う土を取りに来る姿がみられるようになるでしょう。
20170423-1.jpg 20170423-2.jpg 20170423-3.jpg
20170423-4.gif 20170423-5.jpg
2017年4月15日(土)
田んぼ班臨時活動
大人:12名 こども:9名
  森づくりの会応援 大人:1名 計22名
  4月10日に美濃白川で分けていただいた籾を20以下の水に付けておき、
  もみが鳩胸状態になったものをビニールを敷いたトレーにのせたポットにまきました。
  400の穴に3粒づつ籾入ったポットが30こ苗床にならびました。

【S会員の感想】
  作業中に1才の娘は途中から培養土で遊びだしましたが、4才の娘と2枚のトレイをなんとか仕上げました。
  久々の活動は気持ちがよく、娘も興味津々でした。
  一年を通して田んぼの活動に参加できたらいいなと思っています。

20170415-1.jpg 20170415-2.jpg 20170415-0.gif
20170415-3.jpg 20170415-4.jpg
2017年4月10日(月)
田んぼ班臨時活動
里山の家に10時に集合し、Hさんの運転で田んぼ班3人が美濃白川に向かいました。
西尾さんの家に1時頃着き、籾を撒く注意についてのお話と苗床の見学をしました。
帰りには藤井ファームに寄り、安心豚の肥料を一袋100円で自分たちで詰め3袋購入し、
またコメリというホームセンターにも寄り、稲用育苗培養土を6袋購入して、里山の家に4時半ごろ戻り、田んぼ近くの小屋に土や肥料をおさめました。
20170410-1.jpg 20170410-2.gif
2017年4月9日(日)
参加者:17名 (大人10名  子供 7名)

活動内容:
 田起こし、施肥、用水路の清掃ほか 天候不順で延び伸びとなっていた中段の田起こし。
 固まった土を砕くのが作業の目的ですが、土は午前中までの雨を含んで、重くて粘っています。スコップを持ち上げてもなかなか土がはなれません。
 なんとか田起こしを終えて、肥料の牛糞を撒きました。
 数人の子どもたちは用水路=せせらぎに蓄積した落ち葉を掻き集めて、田んぼに入れてくれました。
 雨上がりの午後は、気温20度の陽気となり久しぶりに、快適な汗を掻きました。
 寒くもなく暑くもなく、桜は満開一番快適な季節です。
20170409-1.jpg 20170409-2.jpg 20170409-3.jpg 20170409-4.jpg
2017年4月3日(月) 9時から10時
Hgさんの指導いただき、苗床づくりを3人の田んぼ班員が集まり地ならしを行い、水準器で水平を確認して、水を流す作業をおこないました。 春らしい晴天の日で、うぐいすの鳴き声が聞こえ、エドヒガンザクラがきれいに咲きそろっていました。
20170403-1.jpg 20170403-2.jpg 20170403-3.jpg
2017年4月2日(日)  15時から16時
定例活動のあと、4月3日の苗床づくりの前に上段に肥料を撒く必要があり、4人で取り組みました。
肥料は愛知牧場の牛糞で、上段・下段に3袋づづ散布しました。
またkさんが森づくりの旗をきれいいになおしてくれました。
あぜにレンゲが咲き始めました。
20170402-1.jpg 20170402-2.jpg
2017年3月12日(日)
【参加者】大人:12名 こども:6名 計18名
【活動内容】田おこし
午後のあたたかな陽ざしの中で春をを感じながら下段の田おこしをしました。
こどもたちも積極的にシャベルやクワを手に頑張ってくれます。
耕された田んぼは表面の色が変わり息づきます。

畦周りにはタネツケバナや頭をだしたツクシも目につきました。
池では丸々と太ったオタマジャクシの姿がありました。
DSC_9671[2].jpg DSC_9679[2].jpg DSC_9705[2].jpg DSC_9729[2].jpg
2017年2月26日(日)
・今回の報告は初参加のK会員の感想です。
◇本日の参加者
 大人:12名、子供:5名 計17名
 (内訳 田んぼ班 大人:11名 子供:4名 体験参加 大人: 1名 子供:1名)
◇活動内容
 田おこし、溝掘り、水路の枯れ葉除去
今日は、比較的暖かい日で、作業をしていても気持ちが良かったです。それにしても、粘土状の土を耕すのは力仕事だと実感しました。夜には筋肉痛で腕が上がらないくらいでした。
私たちは初参加で、娘はどろだんごを作ったり、水遊びをしたり、かえるの卵に触れたりと、遊びに来たような感覚だったのですが、親子共々、1年を通して、楽しみながら田植えの勉強をしていきたいと思っておりますので、ご指導よろしくお願いします。
DSC_5362[2].jpg DSC_5371[2].jpg DSC_5384[2].jpg DSC_5413[2].jpg
DSC_5509[2].jpg
2017年1月22日(日)
1月22日(日曜) 9時半から12時まで7人で昨年の反省会をしました。
講座のやりかた、 鳥よけネットの張り方、 苗の入手の仕方、 今年度の予定などについて話し合いました。