☆ 最近の活動紹介

2017年4月15日(土)
田んぼ班臨時活動
大人:12名 こども:9名
  森づくりの会応援 大人:1名 計22名
  4月10日に美濃白川で分けていただいた籾を20以下の水に付けておき、
  もみが鳩胸状態になったものをビニールを敷いたトレーにのせたポットにまきました。
  400の穴に3粒づつ籾入ったポットが30こ苗床にならびました。

【S会員の感想】
  作業中に1才の娘は途中から培養土で遊びだしましたが、4才の娘と2枚のトレイをなんとか仕上げました。
  久々の活動は気持ちがよく、娘も興味津々でした。
  一年を通して田んぼの活動に参加できたらいいなと思っています。

20170415-1.jpg 20170415-2.jpg 20170415-0.gif
20170415-3.jpg 20170415-4.jpg
2017年4月10日(月)
田んぼ班臨時活動
里山の家に10時に集合し、Hさんの運転で田んぼ班3人が美濃白川に向かいました。
西尾さんの家に1時頃着き、籾を撒く注意についてのお話と苗床の見学をしました。
帰りには藤井ファームに寄り、安心豚の肥料を一袋100円で自分たちで詰め3袋購入し、
またコメリというホームセンターにも寄り、稲用育苗培養土を6袋購入して、里山の家に4時半ごろ戻り、田んぼ近くの小屋に土や肥料をおさめました。
20170410-1.jpg 20170410-2.gif
2017年4月9日(日)
参加者:17名 (大人10名  子供 7名)

活動内容:
 田起こし、施肥、用水路の清掃ほか 天候不順で延び伸びとなっていた中段の田起こし。
 固まった土を砕くのが作業の目的ですが、土は午前中までの雨を含んで、重くて粘っています。スコップを持ち上げてもなかなか土がはなれません。
 なんとか田起こしを終えて、肥料の牛糞を撒きました。
 数人の子どもたちは用水路=せせらぎに蓄積した落ち葉を掻き集めて、田んぼに入れてくれました。
 雨上がりの午後は、気温20度の陽気となり久しぶりに、快適な汗を掻きました。
 寒くもなく暑くもなく、桜は満開一番快適な季節です。
20170409-1.jpg 20170409-2.jpg 20170409-3.jpg 20170409-4.jpg
2017年4月3日(月) 9時から10時
Hgさんの指導いただき、苗床づくりを3人の田んぼ班員が集まり地ならしを行い、水準器で水平を確認して、水を流す作業をおこないました。 春らしい晴天の日で、うぐいすの鳴き声が聞こえ、エドヒガンザクラがきれいに咲きそろっていました。
20170403-1.jpg 20170403-2.jpg 20170403-3.jpg
2017年4月2日(日)  15時から16時
定例活動のあと、4月3日の苗床づくりの前に上段に肥料を撒く必要があり、4人で取り組みました。
肥料は愛知牧場の牛糞で、上段・下段に3袋づづ散布しました。
またkさんが森づくりの旗をきれいいになおしてくれました。
あぜにレンゲが咲き始めました。
20170402-1.jpg 20170402-2.jpg
2017年3月12日(日)
【参加者】大人:12名 こども:6名 計18名
【活動内容】田おこし
午後のあたたかな陽ざしの中で春をを感じながら下段の田おこしをしました。
こどもたちも積極的にシャベルやクワを手に頑張ってくれます。
耕された田んぼは表面の色が変わり息づきます。

畦周りにはタネツケバナや頭をだしたツクシも目につきました。
池では丸々と太ったオタマジャクシの姿がありました。
DSC_9671[2].jpg DSC_9679[2].jpg DSC_9705[2].jpg DSC_9729[2].jpg
2017年2月26日(日)
・今回の報告は初参加のK会員の感想です。
◇本日の参加者
 大人:12名、子供:5名 計17名
 (内訳 田んぼ班 大人:11名 子供:4名 体験参加 大人: 1名 子供:1名)
◇活動内容
 田おこし、溝掘り、水路の枯れ葉除去
今日は、比較的暖かい日で、作業をしていても気持ちが良かったです。それにしても、粘土状の土を耕すのは力仕事だと実感しました。夜には筋肉痛で腕が上がらないくらいでした。
私たちは初参加で、娘はどろだんごを作ったり、水遊びをしたり、かえるの卵に触れたりと、遊びに来たような感覚だったのですが、親子共々、1年を通して、楽しみながら田植えの勉強をしていきたいと思っておりますので、ご指導よろしくお願いします。
DSC_5362[2].jpg DSC_5371[2].jpg DSC_5384[2].jpg DSC_5413[2].jpg
DSC_5509[2].jpg
2017年1月22日(日)
1月22日(日曜) 9時半から12時まで7人で昨年の反省会をしました。
講座のやりかた、 鳥よけネットの張り方、 苗の入手の仕方、 今年度の予定などについて話し合いました。